FIBROMYALGIA線維筋痛症

線維筋痛症

線維筋痛症=さまざまな症状が生じる病気

線維筋痛症は長時間持続する全身の痛みと、様々な症状を認める原因不明の疾患です。

中年の女性に多く、人口の1.61%、約200万人の潜在患者が存在すると言われています。疼痛症状が生活に及ぼす影響は大きく、人によっては体をさわるだけでも激痛が走ったり(アロディニア)、起き上がることもできなくなる場合があります。しかし、血液検査などをしても、異常がみつからない為、治療が滞ってしまうこともあります。

鍼灸治療の最も得意とする「痛み」

東洋医学ではその方の痛みによって治療をしますが、西洋医学とはまったく異なります。四診(望診、聞診、問診、切診)施術者の目、耳、鼻、コミュニケーション、手、全て人の感性を使い診断していきます。

五臓六腑(肝、心、脾、肺、腎)(胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦)といい、各臓腑の乱れを把握し、更に、七情(喜、怒、憂、思、悲、恐、驚)といい、東洋医学での精神の状態まで把握し、治療に取り組みます。根本を探り、本質を狙うのが当院の治療の特徴です。

長年の治療により改善はしてきたが、さらに、良くなりたい方、もしくは、今飲んでいる薬をなんとかして減らしていきたい方は、当院の治療を是非おすすめします。

池袋内科と連携した統合医療

統合医療の大切さを、体質学を基本とした鍼灸治療を中心に、再発防止策を講じて、将来、個人個人が健康的な生活を送る事が出来るような全人的な医療を提供してまいります。

池袋内科

 

9:30 - 13:30 -
15:00 - 20:00 -
          

祝日は休診日とさせて頂きます。

最終受付は午前12:30 、午後19:00になっております。

医院情報

〒171-0021

東京都豊島区西池袋1丁目3−5 山中ビル5F

ご予約・ご相談:03-5985-4428