秋の食事

朝早く、街の中に落ち葉を掃除する人が見えてきました。秋季を感じます。

秋の季節は乾燥する季節であります。中医学では「燥邪」の盛んだ季節であるため、乾燥した気候が身体に影響を与え、気管支の症状が現れやすくなると考えています。ですから気管支を潤すことに心かけると良いでしょう。

水を飲むことも大切でありますが、のどや気管支を潤しやすいのは水よりも果物であります。特に梨は秋季の果王として最高である梨は気管支を潤してくれるため、気管支の乾燥にとても良いです。秋季になると咳や、鼻の乾燥がでやすくなりますが、中医学では梨は肺臓、気管支、鼻によいとされていますから、旬の果物、梨を是非食べてください。

日本では梨の皮を捨ててしまいがちですが皮は効果が1番良いです。皮こと食べることをおすすめします。

秋季は「秋風掃落葉」といい万物が下に落ち、沈みやすくなるといいます。ですから気分がなんとなく寂しく感じたり、悲しく感じることが増えます。その様なときは「血肉有情之品」肉を食べると良いでしょう。肉は情緒の不安を良くしてくれます。心の気を補いやすくなるため、気持ちが満たされます。秋と冬は肉を消化できる内蔵の力が高くなるからこれからは肉を少し多く食べても良いと思います。

秋と冬は呼吸器系の症状が現れやすいから、皆さん季節の養生をなさってください。

今日はここまでにしたいと思います。

また次回を楽しみにしてください。

禹^^

久心康 | 池袋の鍼灸院 久心康

日付:   カテゴリ:医院ブログ

 

医院情報

9:30 - 13:30 -
15:00 - 20:00 -
          

祝日は休診日とさせて頂きます。

最終受付は午前12:30 、午後19:00になっております。

〒171-8505

東京都豊島区西池袋1-6-1
ホテルメトロポリタン地下1階

ご予約・ご相談:03-5985-4428