線維筋痛症【経路】篇

IMG_5866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、線維筋痛症の患者さんが受診されるまでの、経路に関して話したいと 思います。身体の広範囲な部位に痛みが継続している場合、この痛みの原因は 何か?また、どうしたら改善できるのか?と色々な手段を通して調べる方がほ とんどだと思います。もしかしたら、自分は線維筋痛症ではないだろうかと不 安に感じ、調べてもらいたい時、どのようにしたら線維筋痛症かどうかを鑑別 診断できる医療機関にたどり着けるのか?詳しく先生に聞いてみましょう。
禹:秋元先生、実際患者さんが自分は線維筋痛症ではないかと不安になり、診 察してもらいたい時、どの様な流れで受診にたどり着くのでしょうか。
秋元医師:そうですね、一般的には身近な人からの紹介や、インターネットで 調べて、専門で診察を行っている医療機関を見つけて受診していると思います。 近年では、【友の会】など患者さんや、関係者の方々がより速やかに情報を入 手することができるサイトもできました。
禹:そうなんですね、分かりました。内科、整形外科、耳鼻科、眼科などある と思いますが、線維筋痛症が医療分野としてどこに属しており、また先生はど の様な流れで受診することをお勧めされているのかを教えてください。
秋元医師:まずは、現在の線維筋痛症の疾患概念、定義がどうなっているのか を理解することが必要です。線維筋痛症は身体の広範囲な部位に原因不明の慢 性疼痛、全身性にわたるこわばりを主症状として、随伴する症状に多彩な身体 と神経・精神の症状を伴う疾患です。一般的な画像検査を含む臨床検査や、身 体診察で、この慢性疼痛を説明できる異常を見つけ出すことができません。ま た、この疼痛は、現在、病巣が特定されていない中枢性の疼痛とされ、疼痛が 中枢性に感作される中枢感作症状群の一つであり、中枢性に好発するため、機 能性身体症候群に属する特異的なリウマチ性疾患であると定義されています。 よって、リウマチ性疾患の一つですから、線維筋痛症がリウマチ分野に属する ということになります。 日本における現時点での線維筋痛症の概念について説明すると、実は、線維筋 痛症は新しい疾患ではなく、古くから同じような病態として知られていました。 例えば、非関節性リウマチ、心因性リウマチ、軟部組織性リウマチ、結合組織 炎、結合組織炎症候群、などと呼ばれていました。しかし、1990 年、米国リウ マチ学会によって、概念の定義と基準が提案されて、今日に至っています。 さらに、今日の線維筋痛症と類似した病態が存在しているため、一般の先生方 にとって診断治療を難しくさせてしまう場合があります。例えば、慢性疲労症 候群、過敏性腸症候群、顎関節症、小児不登校、パニック障害、シックハウス 症候群、化学物質過敏症、間質性膀胱炎などの機能性身体症候群に該当するも の、そして、うつ病や身体病原性障害などの精神疾患に不該当とするものです。 現在、これらの病態疾患は線維筋痛症との違いを明確に示すことができないた め、患者さんがどこの科を受診したらいいのか分からなくなってしまうのも無 理がありません。

しかし、明確なのは、線維筋痛症がリウマチ性疾患の一つであるため、リウマ チ専門医またはリウマチ登録医がいる線維筋痛症を診ることのできる内科また は整形外科を受診されることをお勧めします。

禹:先生、非常に勉強になりました。また、色々教えてください。貴重な話し をありがとうございました。
禹^^

久心康 | 池袋の鍼灸院 久心康

日付:   カテゴリ:医院ブログ, 線維筋痛症

 

医院情報

9:30 - 13:30 -
15:00 - 20:00 - -
          

祝日は休診日とさせて頂きます。

最終受付は午前12:30 、午後19:00になっております。

〒171-8505

東京都豊島区西池袋1-6-1
ホテルメトロポリタン地下1階

ご予約・ご相談:03-5985-4428